HOME > 診療案内 > 循環器内科

循環器内科

循環器内科

循環器内科のイメージ

循環器疾患とは、胸痛、心臓の痛み、動悸(どうき)、息切れ、むくみ、失神、呼吸苦といった症状を引き起こす疾患です。

高血圧、狭心症、心筋梗塞(しんきんこうそく)、心不全、不整脈、心臓弁膜症、動脈瘤(どうみゃくりゅう)などの病気が要因に考えられます。

心不全

心不全のイメージ

心不全は、心臓の血液拍出が不十分であり、全身が必要とするだけの循環量を保てない病態を指します。そのような病態となるに至った原因は問わず、端的に述べると「心臓が止まった」という意味です。心不全の症状は、主にうっ血によるものである(うっ血性心不全)。左心と右心のどちらに異常があるかによって、体循環系と肺循環系のどちらにうっ血が出現するかが変わり、これによって症状も変化する。

このことから、右心不全と左心不全の区別は重要であるが、進行すると両心不全となることも多い。また、治療内容の決定に当たっては、急性と慢性の区別も重要である。前者に当てはまるのは例えば心筋梗塞に伴う心不全であり、後者に当てはまるのは例えば心筋症や弁膜症に伴う心不全である

心不全の主な症状
  • つかれやすい
  • 歩くと息切れがする
  • 横になると呼吸が苦しい
  • 足がむくむ

上記の症状が見られたら当クリニックまでお問い合わせください。

不整脈

心臓は筋肉でできていて、1分間に50~100回くらい収縮して、体中に血液を送るポンプです。心臓はとまることなく動いていますが、頭で考えて動かしているわけではなく、勝手に動き続けています。
それは、心臓の右上に弱い電気を出す洞結節(どうけつせつ)というところがあり、そこから出た電気が心臓のなかを流れると、その電気に反応して心臓が収縮しているのです。
つまり、洞結節は1分間に50~100回くらい規則正しく電気を出し続けているわけです。
この心臓のなかの電気の乱れを総称して不整脈といいます。

不整脈の症状について

心臓は筋肉でできていて、1分間に50~100回くらい収縮して、体中に血液を送るポンプです。心臓はとまることなく動いていますが、頭で考えて動かしているわけではなく、勝手に動き続けています。
不整脈は簡単にいえば、心臓の鼓動がすごく速くなったり(1分間に100回以上)、遅くなったり(50回以下)、リズムが乱れるもので、それに伴った自覚症状が現れます。最も多い訴えは、ドキドキする、脈が飛ぶ感じがするという症状です。

そのほかに、胸の痛みや圧迫感を感じることもあります。このような症状は脈が速くなったり、乱れたりした場合に多いようです。逆に、脈が遅くなりすぎると、脳や体の血液の循環が悪くなって、全身の倦怠感(けんたいかん)、めまい、ふらつきを感じたり、時には失神することもあります。
しかし、まったく無症状の場合も多く、たまたま自分で脈に触れてみて乱れに気づいたり、健康診断で見つかることも多いです。また突然、脳梗塞(のうこうそく)を起こして緊急入院したら、不整脈が原因だったということもあります。

虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)

虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)のイメージ

運動すると胸が重苦しい、痛い、動くと息苦しい、寝る前や朝方に胸が重苦しい、違和感を覚える、のどの奥、左肩、左肩甲骨と脊椎の間が痛いなどといった狭心症様症状。

20~30分以上胸が痛い、冷や汗が出る、意識が遠のくなどといった心筋梗塞様症状。これは、心臓を栄養している3本の栄養血管である冠動脈が狭くなったりつまったりすることで心臓に十分な血流を供給できないために起こります。狭くなる理由は2つあり、動脈硬化によるものと血管の痙攣(スパスム)によるものがあります。

お問い合わせ

ハートクリニック南千住

〒116-0003
東京都荒川区南千住7-1-1
アクレスティ南千住医療モール3F

詳細はこちら042-536-0201
診療時間月・木 8:30~18:30
火・金 8:30~20:00
土   8:30~13:00
休診日水・日・祝
お問い合わせはこちら

詳しくはこちら
  • RSS配信
  • RSSヘルプ